全アクセス数  133211
今日のアクセス数  136
ユニークアクセス数  18116
今日のユニークアクセス数  53

11月30日(火)茨城県教育委員会学校体育研究推進校 研究発表会

 11月30日(火)に本校において「一人一人が主体的に運動に関わるための資質・能力の育成―ICTの効果的な活用を通して―」を研究主題とした令和元、2、3年度茨城県教育委員会学校体育研究推進校並びに令和2、3年度 国立教育政策研究所実践研究協力校 研究発表会を開催いたしました。
 県内各地域より数多くの先生方にお越しいただき、4年1組の跳び箱運動、6年1組のソフトバレーボールの授業を参観していただき、本校の3年間の研究成果の発表、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官 塩見英樹先生に記念講演をいただくなど盛況のうちに終えることができました。

 1人1台端末を活用し、遅延ソフトで自分の技やチームの動きを確認したり、撮影した動画を提出したりするなどの数多くのICTの活用や様々な場の設定、対戦チームに合わせたルールの工夫などにより、児童が楽しく主体的に運動に関わる姿を参観していただくことができました。
 この度の研究発表会に際しまして、ご指導並びにご支援・ご来校をいただきました諸先生方・関係諸機関の皆様に、厚くお礼申し上げます。誠にありがとうございました。
 ご指導いただいた講師の先生方、参加くださいました先生方からの温かい励ましのお言葉やご意見、ご指導を糧として、今後も研究と実践をさらに深めていく所存です。今後とも、本校教育の充実・発展のためにご指導・ご協力をくださいますようお願い申し上げます。ありがとうございました。

 

Comments are closed.