最近のコメント

    スキー宿泊学習17

    夕食後に赤べこ手作り体験をしました。赤べこは福島県の民芸品で、近くに置いておくと病気や災難から逃れられるという言い伝えがあるそうです。東北地方では「牛」のことを「ベコ」とよびます。今から約600年前、柳津虚空蔵尊やないづこくぞうそん圓蔵寺えんぞうじ」というお寺を造るとき、工事が進まず、こまっていたところ、どこからともなく赤い牛があらわれ、一生懸命働いて工事を助け、やっと完成したと言われています。このようなことから、「幸せを運ぶ牛」「幸運の牛」として多くの人に愛されるようになったという伝説があります。

    DSC_0642

    DSC_0646

    DSC_0645

    それぞれ工夫して赤べこに模様を書き入れました。とても個性豊かな赤べこが出来上がりました!

    Comments are closed.