全アクセス数  94003
今日のアクセス数  53
ユニークアクセス数  13941
今日のユニークアクセス数  21

5月20日 家で読書しよう② 先生方がすすめるこの一冊2

本日は,校長先生と4年生の先生方の「すすめるこの一冊」を掲載します。 校長先生のすすめる本は,高学年児童や保護者の皆さま,先生方も気軽に読める本だそうです。残念ながら学校の図書室にはありません。 4年生の小林先生・土子先生のおすすめの本は,中学年・高学年の児童の皆さんに読んでほしい本です。保護者の皆様にも読み聞かせなどで読んでいただけると楽しいと思います。学校の図書室にあると思います。

(校長先生)

「夢をかなえるゾウ」   水野敬也  飛鳥新社

200万部を突破したベストセラー。「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」この疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。 主人公は「人生を変えよう」と思っているけど、何も変えられない普通のサラリーマン。そこへある日突然、ガネーシャというゾウの姿をした神様が現れ、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけの怠惰極まりない生活を始めます。 しかしガネーシャは自信満々にこう言います。「今からワシが出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――」。 主人公とガネーシャの漫才のような掛け合いで、「成功するためにはどうしたらいいか?」「そもそも成功とは?」という自己啓発書のメインテーマを説いていきます。 靴を磨く・・・自分を支えてくれているものを大事にする。イチローはグラブをいつも磨いた。

(神様 ガネーシャの成功への秘訣の例)

コンビニでお釣りを募金する・・・いつも寄付をこころがけよ。 食事を腹八分に抑える・・・自分をコントロール。 人が欲しがっているもの先取りする・・・人よりも早く。 会った人を笑わせる・・・その場の雰囲気、空気を和ませればうまくいくことが多い。 トイレ掃除をする・・・松下幸之助の故事を引くまでもなく、人の一番嫌がることをせよ。 まっすぐ帰宅する・・・自分が努力できる自由時間を確保せよ。 その日頑張れた自分を褒める・・・努力することが楽しくなるのがいい。

 

(小林先生)

作品名 作者名 出版社名 おすすめの理由 十歳の君たちへ‐九十五歳のわたしから 日野原 重明 冨山房インターナショナル 「命はどこにあると思いますか?…心臓はたしかに生命を維持するためには必要ですが,それ自体が命ではありません。」野原先生の問いかけに,自然と「命」についての考えが深まっていきます。読んでみたくなったでしょう? ピアノはともだち 奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密 世の中への扉 神山 典士 講談社 皆さん,ピアノの音を想像してみてください。この本を読んでから辻井さんのピアノの演奏を聞くと,それまでの想像とは違った音色が聞けると思います。辻井さんの演奏には,「誠実でありたい。前向きでありたい。」と思わせてくれる力があります。ぜひこの本を読んでその秘密を解き明かしてみてください。

(土子先生)

作品名 作者名 出版社名 おすすめの理由 車のいろは空のいろ

白いぼうし あまん きみこ ポプラ社 4年生の国語の教科書に載っている「あまんきみこ」さんの書いた本のシリーズです。

松井さんの空色のタクシーには色々なお客さんが乗ってきます。ずっと心にとめている人もいました。不思議不思議なファンタジーの本ですが,挿絵もどことなくなつかしい素敵な本です。ぜひ読んでみて下さい。 漫画 君たちはどう生きるか 作:吉野源三郎

漫画:羽賀羽一 マガジンハウス コペル君がいろいろな困難にぶつかりながら成長していく物語。その都度,おじさんにもらう言葉に励まされながら,たくさんの人に支えられてつながって生きていることを感じられる本です。世の中は自分中心に回っていないことを常に持ち,正しいと思うことをこうどうしていけたらいいなと思いました。

[…]